社員ブログ

社員ブログ



今年もイラストレーターの「植月えみり」さんのデザインによります弊社オリジナルのカレンダーができあがりました。

弊社ほ厨房機器を製造販売しておりますので、「食」をテーマとして、日本全国、各都道府県のご当地グルメを、毎月季節に合わせて表現をしていただいております。

今年も一年、お世話になりました方々に感謝を込めましてお届けいたします。

本年も格別のご愛顧を賜り、誠にありがたく厚く御礼申し上げます。

来年も一層のご支援を賜りますよう、社員一同、心よりお願い申し上げます。

報告 by T社長

2018年11月16日 08:00

ちょっと紹介2

最近朝・晩と冷え込む中、皆様いかがおすごしでしょうか?私はこたつに入りっぱなしでますます引きこもりが悪化しております。さて、前回紹介させて頂きましたが、今回も暇つぶしゲームを紹介させて頂きます。



このゲームはクロノトリガーとタイトルがなっており、1995年にスーパーファミコンで発売されました。
後にクロノシリーズと言うシリーズ化第一作目となっており、Playstation版やDS版、そして2011年にIOS版とさまざまに展開された名作ゲームです。
このゲームの目玉は、時間移動です。主人公達は過去・現在・未来等5つの世界を冒険するゲームとなっており、時間移動により過去の行動で、現在・未来などの人物、環境が変わったりします。予想もしない展開になったりもしますのでちょっと気になった人は遊んでみてはいかがでしょうか?

報告 by 作業員O

2018年11月 2日 08:00

たぬき。

先日、京都左京区にある、狸谷山不動院に行ってきました。

狸谷山不動院の本尊は叱怒鬼(たぬき)不動明王。この地は平安京の北東にあたるため、鬼門守護としての叱怒鬼不動明王を781年に桓武天皇勅願として安置したのがはじまりです。
とくに魔除け、ガン封じが有名なお不動さんとして、知れ渡っているそうです。

由緒はこれぐらいで...。

叡山電鉄一乗寺駅から入り口迄の坂道を歩くこと20分、更に急な傾斜がある250段の石段を登りきらなければ本殿には辿り着けないというメタボにとっては過酷な状況...。

ある意味修行...。

まさに地獄...。

老体に鞭を打ち、なんとか石段を登りきりました。広場を見上げると、崖からせり出すようにそびえ立つのが印象的な本殿に到着です。

小さな清水寺みたいな感じ。

懸崖造り、または清水の舞台と同様、舞台造りという地形を活かした工法だそうです。

体力に自信のある方は是非。

大本山 狸谷山不動院
住所  京都市左京区一乗松松原町
TEL   075-722-0025

報告 by 社員N

2018年10月19日 08:00

明石焼き(玉子焼き)

明石焼きを食しに本場明石へ
事前にネットで調べて見たら地元が選ぶ人気ランキングで「ふなまち」と言うお店が堂々たる一位でしたのでそこに決めて行ってきました。
近隣には弊社会長がお気に入りの宮本武蔵の城下町の町割りの設計により造られたと言われる古い歴史を持つ市場。「魚の棚」と言う商店街が有ります。

午前中に着いたのですが店の前には、かなりの行列が出来ていて2時間ぐらい待ちました。

待った甲斐が有りました。フワフワとかとろーりとかが全て当てはまる美味さ!出汁のかつおの利き具合もいい。
岩塩玉子焼きが新鮮でうまし、ソース&出汁の相性抜群!20個600円もリーゾナブルなクオリティー。注文後焼いてくれるので熱々ふわふわです!

明石地方ではこの食べ物を本来「玉子焼き」と呼んでいたそうですが、全国的な玉子焼きと区別する意味で「明石焼き」と呼ぶようになったそうです。
あ、本場タコさんはもちろん入っていました。
http://funamachi.jp/

報告 by 製作課長

2018年8月 3日 08:00

「木梨憲武展」

大阪文化会館・天保山で行われております「木梨憲武展」に行ってまいりました。

木梨憲武 1962年東京生まれ とんねるずとして活躍する一方、アトリエを持ち画家としても活躍されております。

1994年にパリで番組の収録中、全く何の準備もなくマーカーペン1本で大きなキャンバスにセーヌ川を描くことになり、それがきっかけで日本に戻った後、木梨さんは精力的に多くの作品の製作をはじめ、同年度に初の個展を開催するまでに至ったのだそうです。

今展は2018年6月にロンドンではじまり、7月13日~9月2日大阪会場~2020年の東京会場まで全国15カ所で巡回開催される予定です。

そして今展の音声ガイドはLiLiCoさんと木梨さんとの楽しいトークで木梨ワールドを案内し、木梨さんのインスピレーションの源、創作過程にも迫られており、笑いたっぷりのとにかく楽しい展覧会でありました。

報告 by T社長