社員ブログ
ホーム > 社員ブログ > こんなの作りました

社員ブログ

2015年5月14日 21:20

炊飯スライドドーリー


飲食店の厨房等で使用します。

炊飯器を載せる台です。

材質は430のミガキ製
サイズは、430×430×30

主に作業台の下枠付近に取り付けて使用します。

天板の後方、立ち上がりがついていますが、これは炊飯器を奥へ押し込んだ場合、落ちることを防ぐためのストッパーとしての役割を持っています。

炊飯スライド台の前後のスライドは、ジュラコン製のキャビネットローラーを利用しています。
天板と、その内部カバー、外部取り付けカバーで構成されていますが、内外部のサイドに、6パイの穴を明け、ネジを通し、Sワッシャーとナットでかしめ、スライド機能を得ています。

移動時は、滑らか、かつ清音です。

製作可能サイズですが、

間口、250~600
奥行、430~700前後です。
*奥行430で、天板が285出ます。

報告 by 社員A

2015年3月20日 07:06

アイスビン

アイスビン。

I製作所さんからの製作依頼です。


ファミリーレストランのドリンクバーコーナーで使用します。


ドリンクを注ぐ機械の隣に設置して、アイスビンから氷を取り出し、グラスへ氷を入れ、ドリンクを注ぐ。


こちらのアイスビンは、テーブルに開口を明けて、そこへ落とし込むタイプです。



氷の保冷を維持させるために、断熱材のウレタンを側の四方と底に仕込んであります。

上部のフタですが、スライドする扉の方は、アクリル板を使用しています。

ステンレス製の扉の場合と比較して、値段はあがりますが、スライドする際に音はでませんし、

氷の残量も、見ただけで瞬時にわかります。

外観的にも清潔感が感じられます。




板厚1ミリ
SUS430製
NO.4
435X350X270




報告 by 社員A

2014年12月 3日 06:54

庫内ラック。可変式棚受け付

こちらの製品は、11月の半ば、五台注文を頂き、製作いたしました。

サイズは430×500×630
材質430ミガキ製
板厚1ミリ

業務用冷凍冷蔵庫内に収めて使用します。
主に製菓店等で使用するとのことです。

トレーを載せる為の受けレールは、30×40×600
レールの前後に、爪を出し、棚柱の角穴に引っ掛けて固定します。
脱着作業は、軽く差し込む。軽く引き抜く。と、とても簡単におこなえます。

棚柱のピッチ間は、20です。取り出しやすいように、この区間は広くする。この区間は狭くてもよい。
等というような使い方が出来ます。トレーに載せる素材の状況に応じて、高さ調整ができますので大変便利だと思います。

内部背面には、トレーが背板に接触しないように、両サイドに止め金具を取り付けています。




報告 by 社員A

2014年6月20日 08:00

3体合体。

3体合体...?

タイトルを見るかぎりでは、3機のゲットマシンが合体して、ゲッターロボに変化するという事かな...?
な~んて、勘違いしてしまいそうですよね。(笑)

今回は、3機のゲットマシンではなく、シンクトップと架台脚×2を合体させて、1つの流し台になるという製品を製作しました。

では、製品紹介へまいります。

・家庭用L型シンク
W2170×D1485×H840
SUS304 材質HL仕上げ 板厚1.5
架台脚 角パイプ 太鼓張り仕様 

なぜシンクトップ・架台脚を3分割にしたかといいますと、今回製作した家庭用L型シンクですが、非常に大きいんです、しかも架台脚付きともなると重量もさることながら、大きさもさらに倍っ!御依頼して頂いたお客様ご自宅の搬入口の巾を考えると、3分割にして搬入するのがベストだと、シンクをデザインされた方との打合せの上、こういった構造になりました。

重量のあるシンクトップを支えないといけない為、シンクコーナー部分の脚には、46mmという通常よりも太めの角パイプを用いています。シンク下部の両側には太鼓張りという、ステンレスのパネルを2枚重ね合わせる製法の物を、脚の代わりに取付け、デザイン性を高めています。
角パイプ脚、ステンレスパネルを用いて、すっきりさせたシンク下部の空いたスペースには、木製家具が収まるそうです。

ゲッターロボに合体する時の掛け声...なんでしたかね...。

「ゲッター、ゲーッツ!」...でした?(笑)







 








報告 by 社員N

2013年1月11日 07:34

二槽シンク台


Y製作所さんからの製作依頼です。


某アイスクリーム店で使用されます。


サイズは、900×600×800
SUS430製  ミガキ仕上げ
板厚、 シンク部 1.2ミリ





今回製作いたしました流し台は、以前紹介させて頂きましたアイスクリーム屋さんの流し台の仕様違いです。
以前製作いたしました製品は、製作の構造状の問題もあり、二分割で一つという形でした。
今回は単体で設置とのことで、二槽シンクの両サイドに水跳ね防止のバックガードが設けられております。設置されます環境に応じて脚枠の形状も、下部後方は仕切り無しというような仕様になっています。




先日、機会がありましたので、設置された流し台が見えるのかなあ、と思いながら、改装オープンいたしましたアイスクリーム屋さんにアイスクリームを買いに行きました。流し台は店員さんの後ろにあり、比較的目立つポジションにあり、店員さんの接客を無視して、数秒程流し台を見ていました。そして慌ててアイスクリームの注文をしました。アイスクリームはとても美味しく、次もまた仕事がくれば良いなあ、と思いました。





報告 by 社員A

2 3 4 5 6 次の5件