社員ブログ
ホーム > 社員ブログ

社員ブログ

2018年11月 2日 08:00

たぬき。

先日、京都左京区にある、狸谷山不動院に行ってきました。

狸谷山不動院の本尊は叱怒鬼(たぬき)不動明王。この地は平安京の北東にあたるため、鬼門守護としての叱怒鬼不動明王を781年に桓武天皇勅願として安置したのがはじまりです。
とくに魔除け、ガン封じが有名なお不動さんとして、知れ渡っているそうです。

由緒はこれぐらいで...。

叡山電鉄一乗寺駅から入り口迄の坂道を歩くこと20分、更に急な傾斜がある250段の石段を登りきらなければ本殿には辿り着けないというメタボにとっては過酷な状況...。

ある意味修行...。

まさに地獄...。

老体に鞭を打ち、なんとか石段を登りきりました。広場を見上げると、崖からせり出すようにそびえ立つのが印象的な本殿に到着です。

小さな清水寺みたいな感じ。

懸崖造り、または清水の舞台と同様、舞台造りという地形を活かした工法だそうです。

体力に自信のある方は是非。

大本山 狸谷山不動院
住所  京都市左京区一乗松松原町
TEL   075-722-0025

報告 by 社員N

2018年10月19日 08:00

明石焼き(玉子焼き)

明石焼きを食しに本場明石へ
事前にネットで調べて見たら地元が選ぶ人気ランキングで「ふなまち」と言うお店が堂々たる一位でしたのでそこに決めて行ってきました。
近隣には弊社会長がお気に入りの宮本武蔵の城下町の町割りの設計により造られたと言われる古い歴史を持つ市場。「魚の棚」と言う商店街が有ります。

午前中に着いたのですが店の前には、かなりの行列が出来ていて2時間ぐらい待ちました。

待った甲斐が有りました。フワフワとかとろーりとかが全て当てはまる美味さ!出汁のかつおの利き具合もいい。
岩塩玉子焼きが新鮮でうまし、ソース&出汁の相性抜群!20個600円もリーゾナブルなクオリティー。注文後焼いてくれるので熱々ふわふわです!

明石地方ではこの食べ物を本来「玉子焼き」と呼んでいたそうですが、全国的な玉子焼きと区別する意味で「明石焼き」と呼ぶようになったそうです。
あ、本場タコさんはもちろん入っていました。
http://funamachi.jp/

報告 by 製作課長

2018年10月 6日 11:04

ペットサロン見学

弊社ではペットサロン等でご使用される「ドッグバス」も製作させていただいていますが、

実際にご使用されているところを拝見したことのない私は、前々から気になっていました「ペットサロン・KURUMI」様に突然お願いをし、見学させていただく事ができました。

お店にはたくさんのワンちゃんがいて、圧倒されそうです(汗)

お話を伺いますと、ワンちゃんの体質と毛質によって、いろんなシャンプーやリンス・トリートメントをご用意されて、使い分けられているそうです。お客さんによっては、「これを使ってください」と持って来られる方も、いらっしゃるそうです。

丁寧に優しく、何度も洗ってもらいワンちゃんは気持ちよさそうです。
シャワー終了後、タオルドライして専用ドライヤーで乾かしてもらい、ワンちゃんは変わりましたがプロの技で、よりかわいいワンちゃんへと変身していくのでした。

私の子供のころは玄関の土間にいて、ご飯は余りものに味噌汁ぶっかけ、表でホースの水で人間のシャンプーのイメージでしたが、
今の時代は癒される分だけ、飼い主の注ぐ愛情をお助けする大変な仕事なんやな~と、改めて感じました。

オーナーご夫婦もスタッフの方も、親切で優しい方々でした。機会がありましたら、皆様のワンちゃんも、かわいくして癒してもらってはいかがでしょうか。

ペットサロン&ホテル KURUMI
 住所  東大阪市三ノ瀬3-5-8
 T・F  06-6722-1704
 OPEN 10:00~18:00
 定休日 水曜日・第三日曜

報告 by O工場長

2018年9月21日 07:50

鴻池花火

以前、テレビを見ていたら阪神百貨店のリニューアル特集がやっていました。
その時に「鴻池花火」と言う名前のスイーツが紹介されていたのですが、僕の住んでいる地域が鴻池と言う所でして調べてみたら、販売してる五条堂(本店)が鴻池にあるらしいので行ってみました!

鴻池花火

珍しいネーミングなんですがその由来が
、大きな花火大会がない鴻池池田、それならばと花火を和菓子で表現したフルーツパフェが入った大福だそうです。

さっそく買ってみました!

様々なフルーツが入っているため、
自ずとサイズも大きくなります。

ちなみに、中にはフルーツ大福では定番のパイナップル、バナナ、オレンジ、
それに、フランボワーズ、ブルーベリーが入っています。

生クリームも、パフェっぽくしたのか、まるでミックスジュースのように
フルーティーに感じます!

餡子の量もちょうどいい量の餡子が、フルーツやクリームとのバランスを絶妙に保っています!

東大阪で手土産を買いたい方がおられましたら是非オススメです!



 GOJODO-五條堂- 本店
大阪府東大阪市東鴻池町1-5-7
営業時間 9:00~20:00
定休日 火曜日

報告 by K

近年、日本の社会問題となっている高齢化社会が進んでいる中で特に増えつつあるのが認知症の方々です。
今、全国で約460万人の人が認知症とされていて、2025年には高齢者の5人のうち1人が認知症になると言われています。
認知症とは高齢者の方がなると思われがちですが、実は「若年性認知症」といって若い世代の方もかかる病気です!

自分自身や親・兄弟等の方もいつ認知症になるかわかりません。ある日突然身近な人が認知症になったらどのように対応や行動をとればいいのか分からずパニックになる可能性もあります。自分がパニックになってしまえば、その方が不安になり後々取り返しのつかない事態になってしまうかもしれません。
突然の出来事にも冷静に対応できるようにするためにも、事前に少しでも認知症に対して知識を学んで欲しいと思います。
では、どのようにして学ぶのかと言いますと独学やネットなどで調べたりする方法もありますが、各都道府県で「認知症サポーター養成講座」という講習会があります。
講習内容は、認知症とはどういうものなのか?認知症の種類や原因となる病気や治療方法、またそれを事前に防ぐ予防方法や認知症の方に対しての接し方等様々なことを学ぶことができます。

今回、主に泉州地域のだんじりの連合等が祭礼中に認知症の方を見つけた時に手助けできるようにということで受講されていることを知り、我々鶴見区のだんじり連合会でも社会貢献・地域貢献の一環として連合に所属しているメンバーで講習を受けることにしました。
受講後は認知症サポーターに認定された証として「オレンジリング」が授与されます。それを腕に着けていると認知症の方が安心して頼って来てくれると思います。

受講日当日は大阪市内の多数ある地域のだんじり連合会の中でも、また鶴見区の各種地域団体の中でも初めての試みとあって地元紙の記者の方も取材に来られ今月1日発行の「ローカル通信」という地元紙に記事を載せて頂きました。

この講座は、各企業や地域団体でも受講できますので認知症の方も安心して暮らせる街にするためにもぜひ受講して頂きたいと思います。
今、認知症の方々が必要としているのはサポーターの方達です!ですが、まだまだサポーターの人数が足らないのが現状ですので1人でも多くの方にサポーターになって頂けるようにお願いします!


報告 by 社員М